So-net無料ブログ作成
検索選択

そのときベスーン被告はメモを取る手を止めた…びっしり書き込まれたノート SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)

【法廷ライブ SS元船長第2回公判】(4)

 《1時間25分の休廷を挟み、調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に乗船し、顔面を負傷したとされている○○さんの証人尋問が再開された。○○さんはゆっくりとした足取りで証言台に向かった。環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」元船長のピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)は右手で左手首を握りながら、証人の動きを見つめる》

 多和田隆史裁判長「弁護側から反対尋問があります」

 《傍聴席から見て一番奥に座る男性弁護人が立ち上がり、弁護側の証人尋問が午後2時15分まで続くことを告げる》

 弁護人「シー・シェパード側からランチャーで物を撃ち込んできたのは平成21年度の23次調査期間中が初めてですか」

 証人「はい」

 弁護人「ランチャーにより撃たれた酪酸(らくさん)入りの瓶が船に着弾したのは(○○証人が負傷したとされる)平成22年2月11日が初めてですか」

 証人「はい」

 弁護人「それまでにランチャーを使用して何かが撃ち込まれたところを見たことはありますか」

 証人「ありません」

 弁護人「11日の出来事を尋ねます。ベスーンさん(被告)が乗るボートが近づいてきて、併走しているのを見ましたか」

 証人「はい」

 弁護人「そのとき、ベスーンさんがランチャーを構えているところを見ましたか」

 証人「はい」

 《弁護人は大型モニターに船の見取り図を映し出し、○○さんが当時いた場所を確認する。○○さんは左舷のコンパニオン(ブリッジ下の構造物)近くの上甲板にいたことを証言する》

 弁護人「そのとき、かぶっていたヘルメットのフェースカバー(ガード)を下ろした状態でしたか」

 証人「よく覚えていませんが、下ろしていたと思います」

 弁護人「上甲板にいるとき、海からの波しぶきをかぶることはありますか」

 証人「海の状態によります」

 弁護人「2月11日は海は荒れていましたか」

 証人「そこまで大きな波はなかったと記憶しています」

 弁護人「海水のしぶきを体に浴びる状況ではなかったということですか」

 証人「はい」

 弁護人「(ボートの上の)ベスーンさんを見たとき、フェースカバーはぬれていましたか」

 証人「よく覚えていませんが、ぬれていなかったと思います」

 弁護人「視界は悪くなかったということですか」

 証人「はい」

 弁護人「ほかの日のことでも結構ですが、フェースカバーを下ろした状態で海水を浴びた経験は?」

 証人「ありません」

 弁護人「海水が水滴より細かい霧のような状態で体にかかったことはありますか」

 証人「あります」

 弁護人「そのとき、フェースカバーを下ろしていて中に(海水が)入ってきましたか」 

 《弁護人は、フェースカバーを下ろしていながら酪酸が顔にかかったとする検察側の主張に疑問を持っているようだ》

 証人「なかったと思います」

 弁護人「さきほどの実験のようにフェースカバーを半分ぐらいまで下ろしたとき、海水のしぶきを顔に直接浴びたことは?」

 証人「ありません」

 弁護人「ベスーンさんがランチャーを発射する瞬間は見ていないと証言していましたね?」 

 証人「はい」

 《ベスーン被告が後方の弁護団の方を振り返り、しきりに何かを訴える。尋問をしている弁護人とは別の男性弁護人が小声で応じる》

 弁護人「そのとき、上方(のブリッジ)を見上げたと言っていましたね。自分の方を撃ってくると思わなかったのですが」

 証人「ランチャーの筒先がブリッジの方を向いていたので、直接狙われるとは思いませんでした」

 弁護人「身の危険は感じなかったのですか」

 《証人はすぐに返事をしない。女性通訳は少し首をかしげながら、証人の言葉を待っている》 

 証人「もう1回、お願いします」

 《弁護人が同様の質問を繰り返す》

 証人「安心はしていませんでした」

 弁護人「見上げていたとき、立ったままでしたか。かがんだり、座った状態でしたか」 

 証人「立った状態でした」

 弁護人「恐怖を感じたとき、身をかがめたり、ランチャーを凝視して自分のところに撃ってこないか確かめたいというのが一般的な心理だと思います。なぜそうしなかったのですか」

 証人「ブリッジを狙っていたので、そっちを見ました。自分が狙われるとは思いませんでした」

 弁護人「ランチャーが発射されたとき、フェースカバーはどこまで下ろしていましたか」

 証人「鼻のあたりです」

 弁護人「恐怖を感じたとき、なぜ下まで下げなかったのですか」

 証人「短い時間に起き、そこまで考えていなかったです」

 弁護人「ランチャーが撃たれてから、目などに痛みを感じるまでの時間はどれくらいですか」

 証人「5秒以内でした」

 弁護人「ガラスの破片が降ってきて、それを浴びましたか」

 証人「ありません」

 弁護人「上の方から液体が降ってきて、浴びた感触はありますか」

 証人「ありません」

 《弁護人は証人尋問を通じて、○○さんの近くに酪酸入りの瓶が着弾していない可能性をあぶり出したいようだ》

 弁護人「霧のようなものが降ってきた感触は?」

 証人「ありません」

 《さきほどベスーン被告と話していた男性弁護人が後方からノートをベスーン被告に手渡す》

 弁護人「顔に痛みを感じてからコンパニオンまで移動したときは1人で歩きましたか」 

 証人「誰かが近くにいたと思いますが、覚えていません」

 弁護人「介添えされて歩いたか、1人で歩いたかは覚えていますか」

 証人「歩いて移動したのは間違いないですが、そこは、はっきり覚えていません」

 弁護人「シャワールームに移動するとき、ガラス片を踏んだ感触は?」

 証人「ありません」

 弁護人「ジャリジャリした物を踏んだような感触はありましたか」

 証人「なかったと思います」

 弁護人「2月11日に(母船「日新丸」に乗る)船医に電話して、直接話をしましたか」

 証人「無線で話しました」

 弁護人「あなたが無線を使って、連絡したのですか」

 証人「診断してもらうために症状をしゃべりましたが…。すみません、質問の意味が分かりません」

 弁護人「直接、会話したのですか」

 証人「はい」

 弁護人「船医に様子を口頭で伝えたのですか」

 証人「はい」

 《弁護側から手渡されたノートにペンを走らせていたベスーン被告が手を止めた。ノートがわずかに傾き、書き込んでいたページが傍聴席に見えたが、半分近くが文字で埋まっていた》    =(5)に続く

【関連記事】
特集「シー・シェパード第2回公判」
特集「シー・シェパード第1回公判」「ヒャッホー」とガッツポーズ
SS代表「結論は分かっている。公正な裁判ではない」
SS船長初公判 NZでは「世界最速の英雄」「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 

宮崎の主力級種牛5頭、2・3回目の検査シロ(読売新聞)
<長妻厚労相>子ども手当「満額」に異論噴出で押し黙る(毎日新聞)
ぜいたく品を北朝鮮に輸出 鳥取、容疑の業者捜索(産経新聞)
「政権の方向に従って」=前原沖縄相、福島氏に苦言(時事通信)
3億円余を不正送金か=フィリピン人の女逮捕―福岡県警(時事通信)

北教組幹部、資金提供認める=禁固4月を求刑―小林議員陣営の違法献金事件(時事通信)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=陣営へ違法に選挙資金を提供したとして、政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)罪に問われた北海道教職員組合(北教組)委員長代理長田秀樹被告(50)と団体としての北教組の初公判が19日、札幌地裁(園原敏彦裁判長)であり、長田被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を全面的に認めた。
 検察側は長田被告に禁固4月、北教組に罰金50万円を求刑。同被告の弁護側は罰金刑を求め、即日結審した。判決は6月14日。 

【関連ニュース
小沢氏、再度不起訴へ=週内にも最終協議
裏献金と認識「報告書に計上できず」=小林氏陣営の会計担当者
大久保元秘書ら午後に聴取=小沢氏処分近く協議
小沢氏、3回目聴取=事件関与、改めて否定

高速新料金6月実施を断念=関連法案審議進まず―前原国交相(時事通信)
自民、参院選で三原じゅん子氏を公認 あべ静江氏も検討(産経新聞)
10億円以上着服か 近鉄子会社元社員聴取へ 大阪地検(産経新聞)
「判決見極め進退判断」=有罪なら辞職示唆か―民主・小林議員(時事通信)
「九州持ち回り訓練」提案 首相、5月末決着断念明言(産経新聞)

<自殺>原因「失業」が7割増 30代の増加、目立つ(毎日新聞)

 09年の自殺者のうち原因・動機に「失業」が含まれる人は1071人で、前年から7割近く増えたことが、警察庁が13日に発表した自殺統計で分かった。景気後退による雇用情勢の悪化が影響しているとみられ、特に30代の増加率は9割近くに達する。人口10万人当たりの自殺者数を示す自殺率は、20代と30代で過去最悪だった。自殺者総数は3万2845人で前年より596人(1.8%)増え、12年連続で3万人を超えた。

 今年1月に発表された自殺者総数3万2753人は暫定値で、今回が確定値となる。

 統計によると、原因・動機が判明した2万4434人のうち、1071人は「失業」が含まれ、前年の648人から65.3%増加した。原因・動機を分類する現行の方式を導入した07年(538人)から2年連続の増加となり、増加幅も急拡大。30代は228人で、前年(121人)比88.4%増だった。また、「生活苦」が原因・動機に含まれる人は全年代で1731人で、前年(1289人)から34.3%増加した。

 一方、09年の自殺率は25.8。年代別では20代が24.1、30代が26.2で、それぞれ過去最悪だった。20代は2年連続、30代は3年連続で最悪の数値を更新し、若年層の自殺の広がりは恒常化の様相をみせている。

 自殺者数を年代別でみると、50代が6491人と最多で全体の19.8%を占めた。60代5958人(18.1%)▽40代5261人(16%)▽30代4794人(14.6%)▽70代3671人(11.2%)▽20代3470人(10.6%)−−と続いた。

 09年平均の完全失業率は5.1%で6年ぶりに5%台まで悪化した。求職者1人当たりの求人件数を示す有効求人倍率も0.47倍で最悪の水準。自殺の原因・動機に関する数値の背景には、こうした厳しい雇用情勢もあるとみられる。【鮎川耕史、合田月美】

 ◇ことば・警察庁の自殺統計

 警察による検視などで自殺と判明したケースを計上する。原因・動機に関する現行の分類方法は07年統計から導入しており、「健康問題」「経済・生活問題」など七つの区分と、それを細分化した計52項目からなる。52項目には「失業」「生活苦」のほか「うつ病」「倒産」「職場の人間関係」「失恋」「いじめ」などがあり、警察官が三つまで選ぶ。

【関連ニュース
完全失業率:3月は5.0% 前月比0.1ポイント悪化
完全失業率:09年度平均5.2% 職探し、連休返上 ハローワークに朝から続々
働くナビ:既卒者の就職支援は
雇用戦略対話:失業者個々に担当 首相、安全網強化を強調
人口多くいつも競争、雇用厳しく生き方模索 そんな「35歳」の問題

聴取対象の男性が自殺=横須賀の民家殺害事件−神奈川県警(時事通信)
尼崎の市営住宅に組事務所、組長に逮捕状(読売新聞)
河村名古屋市長 「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)
<もんじゅ>検査終了 6日に原子炉を起動、運転再開へ(毎日新聞)
<警察庁長官>「弘道会に打撃を」都道府県警に要請(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。